柔道整復師の求人を探そう|必要とされる職業

女性

介護保険施設の機能訓練

マッサージされる女性

介護保険施設の増加

医療系の職種のなかで、個人で開業を許されているのは、それほど多くありません。しかし柔道整復師の場合には、資格を取得すると接骨院を開業することが許されています。そのため柔道整復師の求人は、接骨院が行うことがいちばん多いのです。いっぽう最近は、接骨院の開業件数が増加したために、柔道整復師の求人も変化し始めました。そうしたなかで増加しているのが、介護保険施設からの求人です。最近は高齢者が増加したことによって、介護保険施設の利用者が増加するようになりました。すなわち介護保険施設からの求人の増加は、社会のニーズにマッチした現象なのです。したがって柔道整復師は、介護保険施設で勤務することも選択肢の一つになっています。

機能訓練を行うことが目的

このような介護保険施設の柔道整復師への求人は、機能訓練を行うことを目的にしたものが多いです。柔道整復師は、骨折や捻挫などの外傷の治療を行う専門家です。そのため柔道整復師は、病院などの医療機関で、リハビリの従事者としても勤務することができます。この特徴を国が認めているために、介護保険施設でも機能訓練を行うことが可能です。例えば高齢者になると、下肢の筋力が低下することで、歩行能力がしばしば低下して問題になります。しかし介護保険施設で機能訓練を行うと、歩行能力の向上が期待できるのです。歩行能力が向上すると、結果として社会保障費の削減にも繋がるので、大切な役割を果たします。このような役割を担うので、柔道整復師の介護保険施設への求人は、大きな意味があります。