柔道整復師の求人を探そう|必要とされる職業

女性

医療系の資格を取って働く

首の施術

人気の高い業務独占資格

求人市場において人気のある資格といえば、やはり業務独占資格です。業務独占資格とは、その資格を保有していないと不特定多数を相手に報酬を得て仕事を行うことができない資格のことをいいます。弁護士や公認会計士、医師など独立開業者に多く見られる資格ですが、もちろん求人に応じて既存の法律事務所や病院等に勤務する人もいます。こうした業務独占資格の1つに、柔道整復師があります。柔道整復師は、整骨院や接骨院といった施設でケガ等の治療を行う専門技術者です。勤務するだけでなく自ら治療施設を開業することもできます。柔道整復師はいわゆる医療系の資格に属し、求人市場でも高い人気を維持しています。大学では4年間の学習期間が必要となりますが、専門学校で学べば最短3年間で受験資格を得ることができます。

リハビリ施設での需要も

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫、挫傷といった骨・関節・筋肉等の故障を治療することを主たる業とします。治療に際しては手術や投薬は行わず、手技等によって患部を修復し、固定して自然回復を待ちながら必要に応じてリハビリを行うというのが基本的なスタイルとなります。柔道整復師に対する求人は先述した整骨院や接骨院がメインとなります。治療行為には一定の範囲内で公的保険が適用されます。最近ではカイロプラクティックや美容マッサージなどのメニューを取り入れ、総合的な健康サロンとして人気を集めている施設もあります。その他の求人元としては、障がい者関連の養護施設や介護関連施設などがあります。これは、柔道整復師がリハビリの専門家としても需要があるためです。